なぜ3ヵ月でスタイリストになれるのか

 
ほとんどの皆様が「そんなわけない」と思って見学に来られます。
ここではまず、なぜ90日でスタイリストになれるかを検証します。
 

魔法をかけてスタイリストにするわけではありません
スタイリストになるために必要な時間を3ヶ月に凝縮しています

 
通常アシスタント時代は図のように、1日1時間の練習を週に少しずつ、1年間で200時間ほどの練習をし、3年ほどかけて学びます。
これではせっかく学んだ技術も"忘れては思い出す"を繰り返してしまいます。
 
 
 
 
宝塚ビューティアカデミーはスタイリストになるために必要なレッスン時間を3ヶ月に凝縮することで、最速でスタイリストになることを実現しています。
実際は休日をとりながら学びますので、1日8時間×62日=496時間を一気に3ヶ月でレッスンします。
 
これがスタイリストに必要な「技術・知識・経験」を一気に学ぶ唯一の方法です。

「宝塚ビューティアカデミー」は単なるカットスクールではありません。

 
現在第一線でサロン経営を行うオーナー・世界でも活躍するトップスタイリスト・経営指導者が揃い、優れた教育カリキュラムを持つ当校は、「即戦力のスタイリスト」を自信を持って世に輩出しております。また、 マーケティングなどの幅広い視点を持ち、再来客(リピーター)の生み出し方、集客、顧客管理まで一貫して学んでいただくことが可能です。
その中から、あなた自信が自分に合った方法でスタイリストとして経験を積んでいけるようにサポートしております。

働くサロンを選ぶ側へ

 
アシスタントだと職場を変えてもどこも一緒だと思いますよね。
しかしあなたがスタイリストならどうでしょうか。
 

ヘアサロンが本当に欲しいのは「スタイリスト」です

アシスタントの育成失敗・3カ月以内の退職をされ続け、せっかく育ったアシスタントも早々に退職し他店に行ってしまう。サロンにとって、いつまで続くかわからないアシスタントに給料を払い続けて、これからというときに退職されたときの損失は計り知れません。なぜならアシスタントは売り上げをほぼ発生させていないからです。そんなことはアシスタントに関係ないのですが、要するに「投資の失敗」をサロンは繰り返しているのです。
そんな投資の失敗を繰り返すのであれば、「売り上げを出せるスタイリスト」「即戦力のスタイリスト」を探したほうがサロンにとってリスクは少なくなります。これが現在のサロン経営の状況です。
 
と言うことは、スタイリストは喉から手が出るほど欲しい人材なのです。
もしあなたが即戦力のスタイリストであれば、待遇や給与も当然上がります。
 
必要とされる即戦力のスタイリストを輩出し、サロン経営の要である"人材育成"のストレスを軽減することが宝塚ビューティアカデミーの使命です。

卒業生からみなさまへ

 
アカデミー卒業生の先輩方からみなさまへのメッセージをご紹介します。